境内のご案内|東京都の調布不動尊 常性寺

調布不動尊 常性寺トップページへ

常性寺は、鎌倉時代の創建当時から皆様に親しまれております。

常性寺境内之図

薬師寺(本堂)と薬師如来

薬師堂(本堂)
薬師如来

常性寺の成り立ち

常性寺は、正式には「医王山長楽院常性寺」と称し、鎌倉時代に創建された由緒ある真言宗豊山派の寺院です。往古は多摩川沿いに壮麗な諸堂が建立されていましたが、安土桃山時代の慶長年間に旧甲州街道沿いの現在地に移築させられました。その後、江戸時代に祐仙法印が上総国成田山新勝寺より成田不動尊を勧請して中興したといい、以来、「調布不動尊」と称されて広く皆様に親しまれています。

薬師如来像

鎌倉時代に造像されたご本尊「薬師如来」

當山の御本尊薬師如来は鎌倉時代に造像されたものです。お姿は金銅仏で、高さ2尺5寸(75cm)の座像であります。 そして、左手には薬壺を持ち、「我之名號 一経其耳 衆病悉除 身心安楽」『私の名號がひとたびでも、その耳に触れたなら衆病ことごとく除かれ身体の心の満足を得て、安楽にいたらせたい』 という御誓願をおたてになりました。

病を取り除いて悟りへ

医王山王長楽院常性寺

この御誓願は、遥か遠い東方の浄瑠璃の浄土におられ、我々衆生の肉体的苦しみによる体の病、そして精神的苦しみによる心の病を取り除いて頂き、仏の教えを聞き、悟りの道を実践することができるようにとのお心からであります。よって、人々の苦しみを取り除く医療に譬えられ、「最高の医者」とも称される由縁となっているお薬師さまを信仰して、自分を達者にして頂くのは健康になって社会の為、他人の為に尽くそうとの考えでなくてはなりません。

不動堂と不動明王

不動堂
不動明王

鎌倉時代から続く、由緒正しき「厄除け不動」

常性寺不動堂は鎌倉時代に多摩川沿いに創建されましたが、慶長年間(1596~1615年)に旧甲州街道沿いに移築し、現在に至っております。不動堂には、成田山不動尊を勧請した不動明王をお祀りしております。この不動明王は、調布のお不動さんとして、地元の方々に長く親しまれております。

不動明王

願いを叶えるお不動さま

常性寺の調布不動尊は、上総国成田山より成田山不動尊を勧請した不動明王を中心に、降三世明王・軍荼利明王・大威徳明王・金剛夜叉明王を加えた五大明王をお祀りしております。
中でも不動明王は『厄除け不動』として親しまれ、具体的な生活の望みも叶えるという事で、方位災除けや交通安全、家内安全や商売繁昌など様々な願い事をお不動さまに御祈願しております。

地蔵堂

地蔵堂
一願地蔵尊

たったひとつのお願い事を託す、一願地蔵尊

地蔵堂には一願地蔵尊をお祀りしております。お参りの際、一度に沢山のお願い事をするのではなく、願いは一つだけ・・・・そういうところから一願地蔵と呼ばれるようになったようです。
昔から願い事は色々願わず、これだけと云う一願を持って祈るものと伝えられてきました。常性寺の一願地蔵尊は、一願は必ず叶えてくれると云われております。

境内のご案内文化財「石仏馬頭観音」札所のご案内札所のご案内

このページの先頭へ

Copyright 2004 Chofu Fudoson all rights reserved.