永代供養|東京都の調布不動尊常性寺の「せせらぎ廟」とは

調布不動尊 常性寺トップページへ

永代供養墓とは、お寺が責任をもって永代にわたり供養を行い、お遺骨の管理を行うお墓のことを言います。

無縁化をご心配なさる方へ

現代では、少子化や核家族といった社会の変化にともない、自分たちのお墓をまもる人がいないという方が増えています。
そのため、立派なお墓を持っていても、本人の死後、無縁となって荒れ果ててしまうというケースが少なくありません。無縁になる可能性が高いという理由で、お墓をまもる人がいないと申し込むことができない霊園もあります。従来のお墓は「家制度」が前提となっていて、後継ぎのいない方のことはあまり考えられておりませんでした。
しかし現代では、伝統的な家制度は、もはや当たり前のものではありません。そのため、従来のお墓には違和感があるという人が増えているのです。
閑静な地に造られた常性寺の永代供養墓「せせらぎ廟」は、そのような方々が安心してお墓に入ることのできるよう、建立されたお墓です。
万一無縁になっても、歴代の常性寺住職が責任をもって、永代にわたりご供養させていただきます。

お墓のことでこんな心配をされていませんか?

  • 自分たちの供養で、子供たちに負担をかけたくない。
  • 子供がいないので、自分たちのお墓が心配。
  • 子供が女の子だけなので、お墓を継ぐ人がいない。
  • ひとりで入ることおできるお墓を探している。
常性寺の永代供養「せせらぎ廟」は、そんな方々のためのお墓です。
「せせらぎ廟」とは「せせらぎ廟」のしくみ「せせらぎ廟」の概要

このページの先頭へ

Copyright 2004 Chofu Fudoson all rights reserved.